眼精疲労を吹き飛ばす|瞳にも休日が必要!

代謝を促進する効果

サプリを持つ人

年齢を重ねるごとに体内の酵素が減少してくるため、肌荒れをしやすくなったり、食べる量が変わらなくても太りやすくなります。丸ごと熟成生酵素は、アサイーやノ二、プルーンなどのスーパーフルーツや野菜の酵素が豊富に含まれている商品です。

Read More..

手軽に摂れる海の栄養素

錠剤

メカブやもずく、昆布等の海藻類にはビタミン・ミネラル・食物繊維等の豊富な栄養素が含まれていますが、その中でもフコイダンは、免疫の働きを向上させたり、胃を守る働きがあることから、注目を集めている栄養成分です。

Read More..

免疫性能に効果があります

女性たち

シイタケ菌糸体は、成長するとシイタケになるために、その前の栄養が凝縮されている状態のものです。特に免疫力の向上に効果を発揮し、ガン細胞を攻撃する力をアップさせます。気軽にサプリメントで摂取できるため、まずはお試しいただくことをおすすめします。

Read More..

日々のケアで症状を軽く

ウーマン

目の疲れには大きく分けて2種類あります。一つ目がただ単に目が疲れている状態の眼疲労です。二つ目が眼疲労がより重くなり体全体にも不調を起こしてしまうのが眼精疲労です。眼精疲労は目に蓄積されたストレスによって眼が充血したり、視力が低下したり、肩凝り、頭痛、吐き気を引き起こします。眼疲労が進行してしまった症状が眼精疲労とされています。眼疲労の場合は寝たり、眼を休めることですぐに症状が良くなるのですが、眼精疲労は寝ても眼を休めても症状が一時的にしか良くならないのが特徴です。体調不良が繰り返し引き起こされることによって心も段々疲れてきてしまいあまりに症状が進行するとうつ病にまでつながってしまうこともあります。

眼精疲労を防ぐための一番の方法は「眼を酷使しない」ということですが、仕事でパソコンを使う方は難しいです。そこで大切なのが日々のアイケアです。まず仕事中のちょっとした時間でいいので肩や首、腕を定期的に回す習慣をつけましょう。回すことにより凝り固まった血行の流れがよくなり、頭痛や肩凝りを防いでくれます。また寝る前に蒸しタオルで眼の周りを温めるのも眼の疲れにとても効きます。濡らしたタオルをレンジで数秒温めて眼の上に乗せるだけです。眼の周りも筋肉で支えられているため、ずっと使っていると足や腕と同じように血行・筋肉が固まってしまいます。温めることによって凝りをほぐしてあげ、血液の流れをよくするので眼精疲労もやわらげることができます。また、ブルーベリーやマキベリー、ルテインといった目の疲れを改善する効果のある成分を摂取するのもいいでしょう。その際はサプリメントで摂るのが効果的であり、これらは通販サイトから入手できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加